塗料の仕組みって? | 塗りかえ倶楽部

塗りかえ倶楽部

プロフェッショナルが提案する「高品質」というブランド。

塗りかえ倶楽部 > 外壁屋根豆知識 > 塗料の仕組みって?

塗料の仕組みって?

2017-03-28

diy-1342582_640

塗料って何からできているの?

塗料ですが、基本的に「樹脂・顔料・添加剤・溶剤」の4つの成分から作られています。

詳しくご説明させていただきますと、

樹脂 塗料の主要となる成分
顔料 色を形成する役割
添加物 樹脂を溶かす希釈
溶剤 塗料の機能を上げ、使い勝手をよくする補助剤

 

 

 

 

 

 

b4de4c352a01e5b4491bf04fe667c3e1_s

 

油性塗料と水性塗料

塗料は油性塗料水性塗料の2つに分けることができます。

油性塗料シンナーを溶剤とした塗料で、耐久性密着力を持ち合わせています。

水性塗料は水を溶剤とし、臭い引火性が少ないのが特徴です。

水性塗料 油性塗料
塗料成分 有機溶剤(シンナー等)
保管 特に注意無し 注意が必要
メリット

・価格が安い

・臭いもほとんど無い

・耐久性に優れている

・雨水に強い

・塗料密着が良い

デメリット

・油性塗料より耐久性低下

・価格が高い

・臭いがキツイ

 

07ff6466d06098abb54e43ddcaad4e8f_s

1液型・2液型

1種類の液だけで使用できるものを1液型塗料と言います。

2液型塗料は、塗料液と樹脂の液体を使用するときに混ぜて使用するものです。

1液型は素人の方でも扱いやすく、価格も安いのが特徴です。

2液型は1液型より性能が高くなります。

ただし、6~8時間以内に硬化してしまうため、使える時間が限られていて、

混合化の誤差が大きくなると、不具合が発生するので比率は重要になります。

paint-1622310_640

まとめ

塗料と言っても使用方法や保管の仕方など、まったく違います。

そして、以前も紹介したカビが生えにくい塗料室内が快適になる屋根用塗料など

機能性塗料もたくさんあります。

 

ご自身の住宅に適した素材の塗料を選ぶのはもちろんですが、

ご自宅の抱えている悩みを解決してくれる塗料を使うという点もポイントです。

 

もし、何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい(^▽^)

 

お問い合わせ

お名前 必須
ふりがな 必須
ご住所 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
確認用メールアドレス 必須
お返事のご希望 必須 メール電話
診断内容 必須 外壁屋根外壁と屋根
築年数 必須
前回塗り替えた時期 必須
診断第一希望日 必須
診断第二希望日 必須
診断第三希望日
備考


Copyright © NURIKAE CLUB All rights Reserved.