ケレンのことを考える日 - 塗りかえ倶楽部

塗りかえ倶楽部

プロフェッショナルが提案する「高品質」というブランド。

塗りかえ倶楽部 > 外壁塗装 > ケレンのことを考える日

ケレンのことを考える日

2018-03-19

ケレンのことを考える日~ケレン記念日~

ケレン作業の重要性

上塗り、中塗り、下塗りとか塗料のこととか、今まで散々説明してきましたが、下塗りより更に前段階の作業があるんですよ。

その名もケレン。ケレン作業です。

塗装のメインは塗料ですから、塗料を使わないケレン作業は地味で興味を失いがちですよね。

でもかなり重要な作業なので、年に一度はゆっくりケレンのことを考える日でも作ろうじゃないですか。

ケレン作業ってなんやねん

ケレン作業っていうのは、塗装する前に外壁を綺麗にしておこうぜっていう作業です。

やっぱり綺麗にしておかないと、塗装してもすぐ取れちゃいますからね。

シャンプーみたいなもんです。
美容室でもまずシャンプーから始まるじゃないですか。
あんな感じです(適当)

ほとんどの場合はケレン作業の前に高圧洗浄機で汚れを落とします。

テレビショッピングでやってるやつとかじゃなくって、業務用のガチ高圧洗浄機です。

それでも金属部のサビとか古い塗膜とかは落とせないので、ケレン作業に入るわけです。

一般住宅のケレン作業

一般住宅の場合、まずスクレーパーでサビや古い塗膜を落とします。

スクレーパーというのは、ヘラみたいなやつです。見た目はほぼヘラです。

私が昔働いていたバイト先の店舗では、これを店内に吐き捨てられたガム取りとして使っていました。

ガムって固まったら全然取れないですけど、これ使ったら簡単に取れてました。

そもそもそんな用具が常備されているほどガム吐き捨てられる店ってどんな治安やねんと思いますがね。
いい思い出です。

そして、表面を紙やすりでサッサッサと整えたりブラシで磨いたりして仕上げます。

以上です。一般住宅はだいたいこんなもんです。

このような一般住宅向けのケレン作業は3種ケレン~4種ケレンに該当します。

これくらいならがっつり工具を使うこともあまりなく、
手作業オンリーという場合も多いので作業費用もそんなにかかりません。

でも稀にサビが全体に広がってしまっているお家や公共工事などは、更なる試練が待ち受けています。

サビがひどい時の更なるケレン試練

レベルアップして、2種ケレンまでいってしまった場合は
本格電動工具を使用することになり、費用も当然アップ。

1種ケレンの場合はブラスト工法という方法を用います。
これは、機械で投射材をとんでもない勢いでガンガンぶつけて旧塗膜を剥がしながら、傷をつけることで塗料をつけやすくする工法です。
1種は薬剤なんかも使う場合があります。

1~2種が一般住宅に適用されることは稀ですが、外壁の傷みを放っておくとこういった作業に手間がかかります。

どんどん大掛かりになっていって後々出費が増えますんで、早めの点検が大切ですねー。

【今回のブログ担当:noma】

Copyright © NURIKAE CLUB All rights Reserved.